上級コース情報の視覚化(色分け) -表現の上書き-

上級コース

情報の視覚化(色分け) -表現の上書き-とは

表現の上書きクラスでは、表現の上書き機能の基本的な使い方を学び、応用に活かせる演習をご用意しています。あらゆるバリエーションの設定が行えるため、3Dモデルの場合は工区やフェーズごとに、また図面の場合は用途別に色分け図の作成など幅広い活用方法をご提案します。様々な表現を方法を学びましょう。

■対象となる方
ARCHICADの基礎知識を十分に身につけ、より多くの活用法を専門的に習得したい方

■前提条件
エッセンシャルコース、プロフェッショナルコースを受講された方

■受講時間
2 時間

■クラス内容

概要紹介
+ 要素プロパティについて
+ 表現の上書き

基本機能
+ 適用範囲
+ 上書きセット
+ 上書きルール
+ 上書きスタイル

ぬりつぶしについて
+ 塗りつぶしの種類と違い
+ 上書きの強弱
+ 各ツールの塗りつぶしの特徴

演習
+ いろいろなパターンを作成します

コース受講料について

BIM Classesはオンラインクラスでどこでも安心してご受講いただけます。

オンラインクラスとは?

年間パスポート、またはコースごとの受講チケットをご購入いただくことで、コースを予約できるようになります。

購入はこちら

直近のコース開催スケジュール

情報の視覚化(色分け) -表現の上書き-の開催スケジュールです

2020年10月27日

オンラインクラス(上級コース)(Microsoft Teams(Specialty))

2020年10月27日 : 15:15〜17:30

2020年11月18日

オンラインクラス(上級コース)(Microsoft Teams(Specialty))

2020年11月18日 : 15:15〜17:30

2020年12月01日

オンラインクラス(上級コース)(Microsoft Teams(Specialty))

2020年12月01日 : 15:15〜17:30

コースの開催場所